FAQ

お電話及びメールフォームでのお問合せの前にご確認ください。

カセットテープ基本

Q:カセットテープとは
A:広義にはカセット状の全テープメディアが該当しますが、一般的に小型ケース(63.1mm × 100.4mm × 12mm)に収めた状態で使用可能なコンパクトカセットを指します。オランダのフィリップ社が開発後、1960年代に特許を無償公開したことから世界的に普及。わずか3.81mm幅のテープに、音を記録する4本の道があり、A面ステレオ(LとR)とB面ステレオ(LとR)の4トラックとなっています。テープスピードも4.75cm/秒に統一されています。

“Q-FRONT"

Q:磁気テープの種類について教えてください。
A:カセットテープは電気的特性に応じて Type I、Type II、Type III、Type IVの4グループがあります。 Type Iはノーマルテープとも呼ばれており、その磁気には酸化鉄が使用されている基本的なテープです (弊社では音楽グレードに適したノーマルバイアステープを使用しております)。 これに対してType IIの磁気には記録特性を向上させる為に二酸化クローム(CrO2 - 後にコバルト添加酸化鉄)が使用されており、クロームテープ又はハイポジションテープとも呼ばれています (弊社ではオプションにてクロームテープをご用意しております)。 Type IIIは表層にType IIに使用されるクローム酸化鉄・下層にType Iに使用される酸化鉄の二層塗りテープです。Type IVは酸化されていない鉄合金磁性体を使用したテープでメタルテープとも呼ばれています (Type III及びIVは現状において量産されておりません)。

“Q-FRONT"

カセット本体・レーベルについて

Q:カセットにはどのようなカラーがありますか?
A:一般的に市販されているカセット本体(通称ハーフ又はシェル)の本体色はホワイト、ブラック、グレーがほとんどですが、弊社ではこれらの従来色に加えて、レッド・ブルー・イエロー・グリーン・ピンクなどの鮮やかな原色(オペーク)仕様、透き通ったクリアや色味がかった透明色(トランスペアレント)仕様、透明色の本体内にメタリックカラーのシートが入ったメタリックライナー仕様、キラキラ輝くラメを入れたグリッター仕様、蓄光効果のある蛍光カラー仕様など合計50色以上をご用意しております。よって、見た目にもデザイン性のある商品制作が可能です。 詳細は当ホームページの「取り扱い商品」下部の「カラー見本」をご参照ください。 ※ご使用のPCやソフトウェアの環境によって実際の本体カラーは見本と若干異なって見える場合がございます。また、本体カラーによって素材や仕様が異なり、原材料サプライヤーによる在庫状況により本体の色具合や仕様は予告なく変更される事があり、カラー見本と異なる場合がございます。さらに本体カラーによっては、構造上のプラスチックの継ぎ目や筋、色あいなどが均一でない場合がございます。予めご了承お願いいたします。

“sample_large" “Flo-tapes"

Q:ラベルステッカーとはどのようなものですか?
A:カセット本体の両面にラベルのステッカーを貼り付ける仕様で、白地の紙にフルカラー(CMYK)で文字・ロゴの印刷が可能です。非常に細かい文字、繊細なロゴデザインに適しており、両面で異なるデザインが出来、片面のみの貼り付けも可能です。 また、オプション仕様に関しましては、特色ステッカーもお選びいただけます。その際、印刷色はCMYKとなりますので、白色のデザインが不可となります。

“label"

Q:本体直接プリントとはどのようなものですか?
A:カセット本体に直接インクを押し付ける手法です。両面で異なるデザインが出来、片面のみのプリントも可能。インク・カラーは、白・黒・黄・オレンジ・ピンク・赤・青・紫・茶・緑・銀・金をご用意しており(Pantone又はCMYK指定は不可)、これら弊社指定のカラーは全て同一料金で1色のみお選びいただけます。 オプション料金にて2色プリントにも対応いたします。2色プリントは二度塗りとなりますので、カラー毎に別々のレイヤーでのご入稿が必要となります。 ※本体直接プリントの特質上、紙への印刷と同水準の繊細なプリントには不向きとなっており、非常に小さい文字・繊細なロゴに関してはオリジナルデザインを忠実に反映出来ない場合もございます。また、本体カラーによっては、構造上のプラスチックの継ぎ目や筋、色あいなどが均一でない場合がございます。ラベルステッカーではこれらの状態は目立ちませんが、本体直接プリントではデザインによって目立ちやすくなる事もございます。予めご了承ください。

“imprint"

Q:本体直接プリントの印刷可能範囲は?
A:基本的に左右の回転穴及び中央のウィンドウ以外のフラットなエリアにデザイン可能です (※オプションにてカセット本体がクリア仕様に関しては中央のウィンドウ部分にも一部印刷可能 (カセット本体仕様によっては不透明仕様と同範囲の場合あり)。 デザインによって異なりますが、原則線幅は5pt以上、文字は2mm以上のサイズを推奨しております。しかしながら、カセットの本体直接プリントに関しては上記以上のサイズであっても細い文字及び詳細なロゴの印刷には不向きとなっており、オリジナルのデザインを100%反映出来ない場合(細い文字はインク載りが薄くなる可能性/詳細なロゴはベタ塗りに近くなる可能性)がございますので、出来るだけ細かいサイズは避けたデザインを推奨しております。

“window"

Q:特殊仕様のプリントは可能ですか?
A:オプション料金にてマーブル柄の印刷をオプションにて承ります。基本仕様に弊社指定カラーのマーブルの渦を付けたデザインとなり、全て同じデザインにはならず1本毎に異なった仕上がりとなります。この仕様は特急制作及び校正確認が不可となります。

“mable"

マスター音源について

Q:ノーマルテープとハイポジションテープはどのような違いがありますか?
A:ハイポジションテープはノイズが低く、ダイナミックレンジが広がって高域特性がよいとされています。一方、低音の迫力に関してはノーマルテープの方が良い場合が多くあります。 再生機器にテープ種類に応じたセレクターが付きのものもあり、ノーマルテープは「Normal」又は「Type I」、ハイポジションテープは「Type II」又は「CrO2」を選択して再生します。 互換性を保つために再生イコライザ時定数をノーマルテープ(Type I)では 120µs、ハイポジション(Type II・Type III・Type IV)では70µsに統一されており、適切に録音されたハイポジションテープをノーマルポジションで再生した場合、約4dB強調されると言われています。ハイポジションテープの再生は、これに対応した機器でないとテープが持つ特性を十分に発揮出来ず、音質に悪影響となる場合もあります。現在発売されている再生機器の多くにはこのセレクターが付いておらず、ノーマルテープ専用となっているものがほとんどです。

“HIGH"

Q:マスターの入稿方法を教えてください。
A:データ転送サービスのファイル便等により、WAV又はAIFFでご入稿いただけます。音源には曲間を付けて全て同一ビット/サンプリングレートにてお願いいたします。また、曲数に関わらずA面全曲で1ファイル、B面全曲で1ファイルでのご入稿を選好しております。ご入稿データ通りにスピーディに工程を進行出来ることから納期短縮につながります。ファイル名には、品番+A面及びB面の表記をお願いいたします (例 : VSI-001_SIDE_A、VSI-001_SIDE_B)。一方、各曲毎に分かれたファイルでご入稿となる場合も必ず曲間を付けて同一のビット/サンプリングレートでご入稿ください。さらにファイル名に品番の後にA面とB面の曲順が分かるような表記をお願いします (例 : VSI-001_SIDE-A01、VSI-001_SIDE-A02... VSI-001_SIDE-B01、VSI-001_SIDE-B02...)。その際、曲順の前のゼロ"0"が重要となります。仮に片面10曲を超える際、ゼロが無い場合にはその曲が1曲目に収録されるリスクを排除するためです。

“VU"

Q:テストテープを受け取る事は可能でしょうか?
A:オプション料金でテストテープの製作が可能です。テストテープをご希望の際、発送まで約2週間ほど、ご承認いただいてから追加の製造日数が必要となります。又、別途送料が発生いたします。

Q:収録分数について教えてください。
A:弊社では、10分・20分・30分・46分・60分の基本価格を設定しており、収録時間は片面(A面及びB面)でそれぞれ半分となりますが、実際には収録時間に応じて1分単位で調整いたします。例えば、10分テープ(片面5分)で収録曲が6分となる場合、工場側で1分強の追加を行います。 標準パッケージ価格の場合、収録分数は片面32分(両面64分)までとなりますが、オプション価格で最大片面55分(両面110分まで可能)です。 両面で120分をご希望の場合はご相談ください。因みに市販のC-30やC-60のテープは、Cassetteの頭文字「C」に収録可能な時間を表したもので、C-30は両面で30分、C-60は両面で60分となります。

“HIGH"

Q:タブ・イン及びタブ・アウトとは何ですか?
A:カセットテープの上部には誤消去防止用の爪(ツメ)が付いており、このツメを折っておくと上書き録音や消去ができなくなります。このツメをTab (タブ)と呼ばれており、通常、市販されているカセットテープはタブ・イン (Tab-In)となっております。弊社では音楽カセット製作を主要事業としている為、一部を除いて本体製造時からTabが無い(タブ・アウト)状態のカセット本体を使用しております。よって、音源を入れない状態でのご発注に関しましても基本的にタブ・アウト (Tab-Out)での納品となります。予めご了承ください。タブ・アウトのテープは、セロハンテープ等で爪部分を覆うことにより、録音する事が可能になります。
※タブ・インのカセット本体も一部カラーについてご用意しております。

“VU"

ジャケットについて

Q:J-CARDとはどのようなものですか?
A:ジャケットとなるカードを3面に折ってプラスティックケースの内側に挿入する仕様で、横から見るとアルファベットの”J”の形になっていることから、「J-CARD」と呼ばれています。通常は最も広い表面、背表紙、袖面の3パネル仕様となり、表のみならず裏にも印刷可能です。オプションにて最も広い面のパネルを追加して折り込む仕様にも対応しており、ライナーノーツ・歌詞カードの代替としてお使いいただけます。オプションの追加パネルは1枚〜5枚に対応しております。
j_card_re

Q:O-CARDとはどのようなものですか?
A:カセット本体をプラスティックケースの中には入れずに筒状の紙スリーブに直接カセットを挿入する紙ジャケット仕様です。横から見るとアルファベットの”O”の形になっていることから、「O-CARD」と呼ばれています。O-CARDは軽量で、4面をデザインする事が可能です。ご希望の場合にはオプション価格にてスリーブ内側にもフルカラーで印刷が可能です。また、プラスティックケース外側のスリーブ(アウターO-CARDスリーブ)にも対応いたします。
o_card_re

Q:Pケースの上からスリーブに入れられますか?
A:アウターのO-CARDスリーブをオプションにて追加可能です。通常のO-CARDがカセットテープを直接挿入するスリーブに対して、アウターO-CARDはカセットテープをプラスティックケースに入れたものを一回り大きいO-CARDスリーブに挿入します。その他仕様に関しましては、通常のO-CARDと同様で4面をフルカラーでデザインする事が可能です。

“auter_sleeve"

Q:歌詞カード、ライナーノーツやダウンロードカードを入れられますか?
A:別紙歌詞カードを入れる代わりに、J-CARDの最も広い面のパネル数を増やして折り込む事により、歌詞カードやライナーノーツとしても利用する事が一般的で、パネルは追加で1〜5枚増やしてフルカラーで両面印刷する事が可能です。

ダウンロードカードの挿入も対応いたします。弊社提携の国内業者(SONOCA)で制作される場合、カード表面を自由にデザインしたり、J-CARDのデザインと合わせたり、専用のダウンロード用サイトのサムネイルも同様のデザインにすることも可能です。ご希望のお客様には商品サンプルセットをお送りいたします。一方、ご支給いただいたダウンロードカードや歌詞カードなどの挿入も承ります。挿入物有の場合、基本的にシュリンク・オーバーラップ梱包の代わりにOPP袋に挿入による納品となります。

Q:プラスティックケースにはどのようなオプションがありますか?
A:全面がクリアなケースに加えて、表面がクリアでカセット挿入部分がホワイト、ブラック、レッド、ブルーも同一価格となります。オプションにて、ホワイト・イエロー・ピンク・グリーンのカラーに加え、全面蛍光カラー(グリーン又はオレンジ)のケースもご用意しております。 ※同色のカラーケースでも個々に色合いがことなる場合がございますので、予めご了承ください。また、オプションで2本組ケース、3本組ケース、バタフライケース、ソフトケースなどもございます。さらにはカセットブックやポーチ仕様などにも対応いたしますので、お問い合わせください。

“p_case" “p_case"

Q:印刷物の校正確認はできますか?
A:海外工場での製造となる為、J-CARDやO-CARDのジャケット及びラベル等の印刷物の校正確認は基本的にPDF又はJPEGなどのデジタルプルーフでの画像確認のみとなります。校正画像を確認後にデザイン修正されたい場合、データの再入稿は可能です (無料)。その場合、製造期間が当初見込みより長引く可能性がございます。製造ラインの関係上、校正確認が最終工程となる場合もあります。仮に入稿データに問題がある場合、弊社からのご案内は製造期間の最後となる場合もございますので、予めご了承下さい。一方、色校がご必要な場合、オプションにて国内工場におけるオフセット印刷にも対応しており、紙質や仕上げの選択、本機校正や簡易校正も可能でございます。

Q:原産国表記は必要ですか?また、どのような文言を入れればよいですか?
A:原産国表記をお願いしております。その際、J-CARD又はO-CARDの何処か、ジャケット無の場合はレーベル (ラベル又は本体プリント)の外から見える所に原産国表記をお願いいたします (例 : MADE IN XXX)。仕様や納期に応じて生産国が異なりますので、ご入稿時にお問い合わせください。

デザインデータ製作について

Q:デザインデータの入稿方法を教えて下さい。
A:必ず弊社HP内のテンプレートをご使用ください (他のテンプレートはお受けしておりません)。 イラストレーターによりVectorデータ (パスデータ)で作成いただき、3mmの塗り足しを付けたデザインで必ずアウトライン後にイラストレーター(.ai)ファイル、またはレイヤーを分けたデータ作成されたPDFファイルでご入稿をお願いいたします。 また、カセットにはA面とB面がございますので、レーベル面にはA面とB面を認識できるデザイン、ファイル名には品番とSIDE-AとSIDE-Bを表記した別ファイルでのご入稿をお願いします。 工場側でご入稿いただいたデータを確認後、不備がある場合には再入稿を依頼をさせていただきます (工場側の確認にはご入稿後から数日〜1週間程かかる場合がございます)。全てのデザインデータ及びマスター音源が整った時点から製作開始となります。再入稿の場合には納期が遅れる場合がございます。 ※商品によって印刷ズレが起こる場合がございますので、予めご了承下さい。

Q:線の細さはどこまで再現可能ですか?
A:商品や仕様によって異なりますが、原則2mm以上のサイズを推奨しております。また、カセットの本体直接プリントに関しましては、2mm以上のサイズであっても細い文字及び詳細なロゴ、広範囲のベタ塗り印刷には不向きとなっており、オリジナルのデザインを反映出来ない場合がございますので、予めご了承下さい。デザイン可能範囲など詳細はテンプレートをご確認下さい。

Q:JPGデータのみで入稿可能ですか?
A:工場への入稿にはイラストレーターのパスデータが必要になりますので、JPGのデータのみですと工場への入稿ができかねます。 イラストレーターデータでの製作が難しい場合、弊社でデザイン作製代行サービスも承っております。 代行費用はデザインによって変動しますが、5,000円(簡単な文字の代行の場合)~をみていただいております。 デザインのイメージ画像や素材をいただけましたら、デザイン代行費用を確認させていただきます。

Q:CMYKとRGBの違いは?
A:RGBとは光の三原色とよばれ、色が混ざるほど明るくなり、白に近づきます。それを加法混色といいます。 R (Red)、G (Green)、B (Blue)の3色となり、テレビやパソコンのディスプレイはRGBで表現されています。 CMYKとは、主に印刷などに使われる発色方法です。シアン (C : Cyan)、マゼンダ (M : Magenta)、イエロー (Y : Yellow)の色材の三原色を利用した混色方法で、 印刷ではこれに黒 (K : Key plate)を加えた4色が利用されています。色が混ざるほどに暗くなり、黒に近づいていきます。これを「減法混色」といいます。CMYKモードは、カラー印刷などに使われています。 PC上での色味が違く感じるのはこの為です。ジャケットやラベルステッカーの入稿データはCMYKでの作成をお願いいたします。

カセットプレーヤー

Q:再生スピードが遅い(早い)気がするのですが。
A:一般的にカセットの再生機器(デッキ・プレーヤー等)は再生速度に個体差があり、厳密には全てスピードが異なります (因みに、カセット全盛期の80〜90年代においても、市販されていた新品製品の許容度は0.5%〜2%と言われておりました)。弊社では工場出荷時に再生速度を調整しておりますが、初期稼働時及び使用頻度に応じて個体差が生じる場合がございます。
本製品にはモーター回転速度を微調整可能な機能が付いております。本体裏側のパネル右下部分に小さな穴があいており、この穴にマイナスの精密ドライバー(1.4mm)を挿入して左右に回すことにより、テープスピードを微調整することが可能です。


Q:再生時に「ノイズ」が出る時があるのですが。
A:カセットプレーヤーは、電化製品など電磁波を発する物の近くで使用しますと電気的な「ノイズ」が発生する場合がございます。 また、テープの振動により「ノイズ」が発生する場合がございます。カセット全盛期であったハイスペックなポータブルカセットプレーヤーや、ラジカセ・カセットデッキの上級機種には、カセット本体を最適な状態に固定させる特殊なスタビライザー機能により振動を減少させて「ノイズ」の少ない音質再生を可能にした製品もありました。この製品にはスタビライザー機能はございませんので、プレーヤーの角度によっては「ノイズ」が発生する可能性もございます。

オーダーフォーム・トラックリスト

Q:品番とは?
A:商品番号です。「規格品番」や「管理番号」とも言われ、海外では「カタログナンバー」とも呼ばれています。

日本レコード協会は、会員会社による市販商品について「規格RIS 502」により、4桁のアルファベットと5桁以内の数字をハイフォンでつなぐように商品番号(品番)の共通体系を定めています。
一方、インディーズや海外レーベルなど日本レコード協会の非会員は、流通会社を介さない時などこの規格にしばられないため独自に付番しています。
会場限定販売や特典などの場合には品番が無い場合もありますが、製造工場では品番で注文管理しておりますので、ジャケット及びレーベル面に商品番号を入れていただければと思います。

番号ルール (日本レコード協会員)

●アルファベット最初の2桁:会社コード
 (発売する会社・販売会社等を識別)

●アルファベット3桁目:形態分類コード
 (種類を分類 - 下記に例)
 S : カセットテープ(シングル)
 T : カセットテープ(アルバム)
 J :  LPレコード (30cm)
 K : EPレコード (17cm)

●アルファベット4桁目:ジャンルコード
 (レーベルや曲種などを分類 - 発売会社等が決定)

●数字部分:シリアル番号
 (個々の商品を区別する番号 - 発売会社等が決定)

Q:オーダーフォームの提出方法は?
A:オーダーフォーム及びトラックリストフォームに必要事項をご記入後、音源・デザインデータファイルと共にメール添付またはファイル転送サービス(GigaFile便、firestrage等)にてご提出をお願いいたします。曲数に関わらずA面全曲で1ファイル、B面全曲で1ファイルでのご入稿を選好しておりますが、トラックリストフォームには必ず収録曲毎の曲名及び収録時間及び各サイド毎の合計時間の明記もお願いいたします。また、原盤権に関する確認フォームにご記入いただいております。また、弊社が必要と判断した場合、別途確認フォームをお送りいたします。インディーズ製作、ライセンス物、コンピレーションなど詳細がご不明な場合、可能な限りご希望に沿えるようご提案しておりますので、弊社までお問い合わせください。

Q:オーダフォーム及びトラックリストフォームとは何ですか?どこにありますか?
A:ご注文内容の詳細、音源情報等をご記入いただくものです。 HP内の「テンプレート」ページにアップロードされておりますので、ダウンロードの上、必要事項のご記入をお願いいたします。

料金、納期について

Q:ご利用規約にある生産許容度とはどのようなものですか?
A:海外提携工場側では複数段階に渡って品質管理体制を敷いており、不良品及び規格外の商品を出荷しない方針を徹底しております。特に品質管理の向上に努めており、仮に製造過程で規格を満たしていない場合、検品時での破棄が必要となります。カセットテープは製作に日数が必要となる為、規格外の製品の作り直しには更なる時間が必要となり、その結果、納期が長引く事になります。よって、納期の先送りを避ける為、弊社では海外の商慣習に従い、ご利用規約において生産許容度を±5%に設定しております。検品時における破棄の可能性を考慮して、弊社ではご発注数量の商品を出荷する為に予定数量以上の製造を行っております。検品後の余剰生産分に関しましては、納品時に合わせてお届けさせていただきます。一方、検品時の過程においてお届け可能な数量がご発注数に満たない場合も稀にございます。仮に納品可能数がご発注数を下回る場合、不足分の返金等の手続きを取らさせていただいております。或いは当初納品可能数を発送させていただき、後日不足分を発送させていただきます。この点をご理解いただき、ご必要の数量に許容範囲を加味したご発注をお願いいたします。

Q:お支払いのタイミングは?
A:ご発注時とさせていただいておりますので、データ入稿の際にご一緒に銀行振込またはクレジットカード決済をお願いいたします。法人契約における請求書払い関しましてはお問い合わせください。

Q:特急料金で納期を縮める事はできますか?
A:オプションの特急料金により納期を1〜2週間早く仕上げる事も可能です。納品希望日や仕様毎に対応可否及び追加料金が異なります。また、一部の限定仕様になりますが、さらに短期間で製作可能な仕様もございますので、詳細はお問い合わせください。 但し、海外から輸入する際の予期せぬ状況、通関又は配送に関しての遅延は弊社管轄外となりますので、予めご了承ください。


海外カセットテープ製作を安心サポート!CASSETTE EXPRESS